フルリフォーム

我が家は中古住宅を購入し、フルリフォームをお願いしました。

もとの住宅はよくある昭和の一般住宅で、
1階にリビング、水周りがあり、2階は押入れがある畳の和室でした。

1階に生活するための水周りを置く点では変えませんでしたが、
それぞれの配置場所は大幅に変えました。

2階は畳をなくし無垢の木材の床にし、収納も押入れではなく、
様々な収納に使える汎用性の高い作り付け棚を大工さんに作ってもらいました。

また、外溝もウッドデッキを作り、道路に面しているところは歩いている人や、
車に乗っている人と目線があわないよう外壁で囲みました。

特に重要視したのは、自由度の高い仕組みを作ることでした。

子どもが大きくなっていくに従って、必要なもの不要なものが短いスパンで変わりますし、
大人も状況が変わったり、模様替えをしたくなった時に、
ある程度自由に組み替えが簡単にできるようにしたいと考えました。

扉がある収納はなしにしました。何が入っているのかわからなくなってしまったり、
扉をあけるワンアクションを面倒に思ってしまったりするからです。

その代わりに、使い方や置くものによって如何様にも対応できる
作り付けのオープン棚を、各箇所に作ってもらいました。

例えば、テレビを置けばテレビ台になるし、
何も置かなければベンチになり、本を並べれば本棚になるといった具合です。

また、格子状の棚も作ってもらい、本を置けば本棚に、
装飾品を置けば飾り棚になるようにも使っています。

オープン収納だと日用品はどう保管するのかが問題になりますが、
死角を利用して置いたり、見えても良いデザインのものを探したり、
見えないように置いたり、ものによって工夫をしています。

例えばトイレットペーパーの在庫はトイレの後ろに棚を作り、そこに置いています。
どうしても見られたくないものに関しては、
クラフト紙の紙袋に入れるなどして棚に置くようにしました。

何があるのかないのか一目瞭然なので在庫管理が簡単にでき、
ネットショップで買い物をする時など、
棚を見ながら注文できる点がとても便利です。買ってしまったけど、
収納を開けたらまだいっぱい残っていたなどということがなくなりました。

子どもにも、何がどこにあるのか分かりやすくお手伝いを頼みやすい利点もあります。

収納がどうしてもブラックボックスになってしまうという方には、
おすすめできると思います。

特に工夫したアイデアとしては、
子どもが使うスペースの棚を机としても使える板材、高さにしたことです。

幼稚園ごろまでは、おもちゃや洋服を置く棚として使い、
小学校に上がり、1人で勉強することが必要になれば椅子を置いて、机として使えます。

このスペースは元が押入れだったので、奥行きがだいぶあります。

そのため、少々乱雑に教科書やノートなどを広げて勉強しても、
スペースに余裕があり、本を置いたり、
授業などで作った工作などを飾ることもできます。

カラーボックスなどを置けば収納力が増えるので、
学年が進むごとに増える学用品なども充分に片付けられそうです。

子どもが巣立って学習机が不要になれば、また棚として活用することもできますし、
大人が机として使うこともできます。

家族も年月とともに変わっていきますし、
特に子どもはいつまでも家にいるわけでもないので、
変化に対応できるようなリフォームを心がけました。

リフォーム後、住み始めてから子どもが幼稚園に入園し、卒園し、
小学校に入学して、とライフステージが変わっていっていますが、

工夫できる余白を残したリフォームをしたことで、
それぞれうまく対応できていると実感しています。




カテゴリー: リフォーム会社 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバックURL: http://xn--fbkq5gvh4bzc6g6146dmx2a.biz/2017/07/31/%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0/trackback/

リフォーム 実例

マイホームをお持ちの方で建て替え、住み替え、リフォームで迷っている方は多いと思います。

正直言ってリフォームがこの中では一番安く済むので出来ればリフォームで解決したいところですが、必ずしもそれがベストとは限りません。

私の場合50歳の頃に子供が大学に進学し上記のオプションの中でどれを選ぶかを真剣に3年間考えた結果リフォームを選びました。

一軒家なので子供がいなくなると夫婦二人では広すぎるので最初はマンションを買おうかと思っていたのですが、子供の就職先の進路が地元の企業になりしばらくは自宅から通うこと、結婚したら孫と遊べる機会が増える事、家が近いと子供に介護をしてもらいやすいなどマイホームを持ったままリフォームするだけでも十分であることに気が付きました。



実際に建て替えに比べると費用が浮きましたので一部を介護の費用、孫の教育費の為にとり置いています。人は金じゃないとは言いますが金に余裕があったり残してくれるほうが感謝されるに決まっています。

将来のことを考えると貯金があるほうが安心して暮らせます。実際にリフォームの方ですが、まずは耐震性が大切です。

基本的に1985年付近の物件であれば現代の耐震制度に対応しているのでそう簡単には潰れません。そうでない場合は一度専門家に相談したり地盤調査を行ってもらったほうがいいでしょう。

あとは周辺地域の変化にも目を向けたほうがいいです。周りで土地開発が進み始めている場合、現在住んでいる土地は将来的に上がる可能性があるのでリフォームの方がいいです。

例えば近くに高速道路や商業施設が出来ると利便性が上がり土地の価値が上がりやすくなります。

しかし町全体の少子高齢化が進み人口が減り始めると将来的には土地の価値が下がる可能性が高いので売れるうちに売ってしまって他の地域に住み替えるほうが得です。このようなことを考慮してリフォームが良いと考えた場合、バリアフリーを意識したほうがいいです。

年を取ると段差がしんどくなるので玄関の段差を低くしたり、万が一車いす生活になっても大丈夫なようにドアや廊下の幅を車いすでも楽に通れるぐらいの幅に広げたほうがいいでしょう。

あと掃除が楽なフローリングを選んだほうがいいです。

私は90歳越えの祖父の介護をしたことがあるので分かるのですが、少々汚いかもしれませんが尿がこぼれることがあり絨毯ですと掃除が大変です。

あと握力が弱くなりコップから液体をこぼすこともありますので将来的なことを考えるとフローリングの方が楽です。

老後は決して明るいものとは限らないので出来るだけ負担の少ない老後を意識してリフォームをするといいと思います。

プロフィール

コーディネーターさちえ:コーディネータとして家作りに参加していると、設備の移り変わりや進化、良いところも見えてくるようになりました。メーカーのショールームに行くとちょっとした工夫に改めて納得。プロの目でも、素人目でも、よいところ、こだわりポイントが分かってきました。